お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2020年09月07日(月)

9月議会における私の一般質問 要旨その3 [議会活動]

3、遺産相続問題について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 少子高齢化の進行に伴い高齢者夫婦、単身高齢者世帯等が増加傾向にあります。親が亡くなった場合の相続が問題になっています。特に農家であったり中山間地の住宅など、相続したがらない親族がいて、空き家になったり遊休地等が増加しています。そこで伺います。
(1)資産相続を放棄した場合の空き家の管理者は誰になるのか。
町長答弁 
 遺産相続を放棄した場合の流れとして、民法の規定では、相続順位の高い相続人全員が相続放棄すると相続権が次の順位者に移り、相続権が移る次の順位者が存在しなくなった場合は、相続人が不在となりその後手続きにより相続財産管理人が選任され、相続財産の管理、清算当手続きを行ったのち
相続財産は国庫に帰属することとなります。
 また、相続人が相続を放棄した場合でも、相続財産管理人が選任されるまでは、相続財産を管理する必要があるため、空き家の管理者については、相続手続きの段階によって変わるものと認識しています。

(2)空き家になった場合の管理者に対する指導はどうなっているのか。
町長答弁 
 町に空き家等に関する苦情が寄せられた場合、現地を確認し、管理不全と認められる空き家等につきましては、「空き家等対策の推進に関する特別措置法」に基づき、所有者または管理者を調査して、適正に管理していただくよう通知しております。その後改善が見られない場合には、継続的に適正管理の依頼をしていますが、特に周囲への影響の大きい空き家等につきましては、状況に応じて特定空き家等の判定を行い、。除去、修繕などの必要な措置を助言又は指導、勧告、命令し、最終的に必要な措置がなされない場合には、行政代執行により強制執行をおこなうことができます。

(3)長い間空き家になる場合の対応として、隣近所や区長等が管理者へ連絡でき来るようにしておく必要があるのではないか。
町長答弁 
 「空家等対策の推進に関する特別措置法」では、「空家等の所有者又は管理者は、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空家等の適切な管理に努めるものとする」とさだめられており、空き家の適切な管理のために、所有者等が希望して隣近所や区長に管理を依頼することや、連絡を取り合うことは、地域コミュニティの在り方として理想であると考えています。

(4)農業委員会が支援して、農家が相続問題などを前もって学習しておく必要があると思いますが、町の考えを伺います。
町長答弁
 農業委員会では、農地利用の最適化を推進するため、担い手への農地の集積・集約化、遊休農地の発生防止象活動・解消活動等をおこなっており、その活動の一環としと、今後の耕作に不安をお持ちの農業者等の農地についての相談にも応じております。また、農地を相続した場合には農業委員会に届け出をしていただいておりますが、相続は、農地に限定されない被相続人の財産、権利等を継承するものであり、選民的な知識が必要となります。このため、相続に関して、お悩みの方におかれましては、適宜、県の「相続おしかけ講座」や町の法律相談等を活用していただければと考えています。

Posted by たもがみ 節子 at 16時11分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2020年09月06日(日)

9月議会における私の一般質問 要旨その2 [議会活動]

2、太陽光発電設置に関する条例の制定について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 自然エネルギーを利用した太陽光発電は必要だと考えますが、日常生活まで壊してまで設置することは認められません。当町のように里山、平地林、遊休農地、森林等々の多い地域では太陽光発電設置業者にとっては、格好な場所です。そこで伺います。
(1)平成30年6月に設置するガイドラインが示されました。
 @義務ではないため強制力にかけているので対応に苦慮しているのではないか。
 A平地林の間にある耕作地まで発電用地として利用する動きがみられます。細かい規制基準をつくる考えは。
町長答弁
 町のガイドラインでは、町内に定額出力10キロワット以上の太陽光発電施設を設置する場合、設置者は事業計画について、町と事前に相談、協議を行い、必要な手続き等を行うこととしています、事業者の中には、事前の調査不足などから協議や指導に時間を要することがありますが、ガイドラインに沿って対応しております。
 A個々の土地利用は、土地所有者の意向に基づくものであり、関係法令を遵守した事業計画であれば施設の設置は可能であるため、現時点で町が規制基準を定める考えはございません。

(2)設置後、近隣住民より被害届は出ていないか。
 @高温による被害について
 A反射による被害について
町長答弁
 @Aについて被害報告等はございません。

(3)町の景観や農業等を守る立場から、強制力を持った条例を制定する考えはありませんか。
町長答弁
 条例を制定する考えはございませんが、必要に応じてガイドラインの見直しを行い、対応してまいります。

Posted by たもがみ 節子 at 08時34分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2020年09月05日(土)

9月議会における私の一般質問 要旨その1 [議会活動]

1、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 緊急事態宣言の解除後も終結の見えない状況下で、コロナ対策として国の第二次補正予算が成立しました。当町においては、第一次補正予算を活用し、複数の事業が行われました。そこで、第二次補正予算の活用について伺います。
(1)「小規模事業者緊急支援金」について
 前回では一律5万円でしたが、今回は5%〜19%減が5万円、20%〜29%減が10万円、30%以上減が15万円としました。
 @それぞれの対象者数について
 A補助の区分、補助額を決めた根拠は何か
 B前回の目標に対する実施率について
町長の答弁
 前回の小規模事業者緊急支援の申請状況から、対象を650件と想定いたしました。内訳は今年2月以降における任意の月の売り上げの減少率が、前年同月と比較して、5%以上20%未満の減少が65件、20%以上30%未満の減少が65件、30%以上の減少が520件と想定いたしました。
 A新型コロナウイルスの感染症の影響により売り上げ減少した事業者のうち、より大きな影響を受けた事業者へ、できる限りの手厚い支援が行えるよう、減少率を3段階に区分し、金額設定を行いました。
 B前回の小規模事業者緊急支援事業の実施率は8月末日現在で、約50%となっています。

(2)年金が少なくて生活できないため、アルバイトなどで生計を立てている人もアルバイトがなくなったり、生活苦に悩んでいます。その対応についての考え方は。
町長答弁
 生活資金など生活全般でお困りの方に対し、相談を行っているアスポート相談支援センターへの案内や、新型コロナウイルス感染症の影響により失業された方等へは、社会福祉協議会が窓口となっております特例貸付緊急小口資金等の特例貸し付けや寄居町福祉資金、フードバンクの案内をおこなっています。さらに、生活に困窮する方につきましては、生活保護の相談を行っています。

(3)コロナ禍により生活が苦しくなった人は町で何%にあたるか。
町長答弁
 生活苦の定義はなく、生活苦の感じ方は個人個人により異なるため、コロナ禍における生活苦の方の割合につきましては、把握することが困難ですが、7月末日現在で、特別貸付緊急小口資金の4月1日以降の申請件数は78件、特別貸付総合支援資金の申請件数は26件、特別貸付総合支援資金の延長の貸し付けの件数は6件となっています。

Posted by たもがみ 節子 at 06時21分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2020年06月23日(火)

用土に民間保育所設置(公立保育所閉所のため) [議会活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 設立者 医療法人儁仁会 理事長井上昌俊氏 町の公有地(元ホンダグランド)の貸し付けよる
 社会福祉法人り認可を取得 9000.02uに特別養護老人ホームと保育所を設置、貸付期間は令和2年9月1日〜令和32年8月31日(30年間)保育所の部分につき減額貸し付け。
 年額3,288,480円を1,205,760円減で2,082,720円に総額9,865,400円を6,028,800円減で92,625,600円に減額。
 減額理由は、地域の児童福祉の向上のためとしています。公立の保育所を閉所し、民間委託にした形となります。病院を抱えていることもあり、病児時保育を町では、初めて行います。

Posted by たもがみ 節子 at 16時14分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

県の「新春の集い」に参加しました

県の「新春の集い」に参加しました

喪主は101歳 (友人の事)

喪主は101歳 (友人の事)

3月議会における私の一般質問 要旨 その2

3月議会における私の一般質問 要旨 その2

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.