お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年10月06日(水)

寄居町一般会計歳入歳出決算の認定について反対しました [10年09月議会]

 町の財政の健全と町民生活の満足度に大きなギャップ
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 4年振りに100億円を越える歳入歳出決算です。歳入の基本である町税、町民法人税は、前年同様落ち込んでいます。国からの地域雇用創出費の新設や緊急経済対策として臨時交付金等の国庫補助金の増加により種々の事業が行われたためです。
 この事業が予定価格と落札価格に大きな差が生じ、この事業が主要な要因で4億6千万園余の黒字決算となっています。種々の事業が本当に安心できるものなのか心配です。最低限度価格を当町でも決めるべきではないでしょうか。この事について深谷市では行っています。私も何度も提案しているのですが検討されません。歳出面では、人件費の中の職員費が9%も減です。町は「予想以上の退職者が出たこと」をあげています。
 職員が減ったことで窓口の対応に時間がかかったり、保育所では正規の保育士さんより非正規の保育士さんの方が多い保育所があり、正規の保育士さんに大きな負担がかかったりで、結局は子どもにしわ寄せがいっています。
 また「税金は公平公正に」と町ではよく言っています。税が納められない人には国保では保険証を渡しません。ところが町の税金を同和団体には600万円余の補助金を支払っています。同じ人数の団体で1万円以下の補助金のところもあります。「差別はなくなってないのでその解消のため」と言っていますが、町の補助金のこの差別からなくすべきです。
 高齢化が進む状況下で毎年、高齢者の足の確保の問題が出されますが、「寄居町は地形上、ぐるりと回れないので難しい」と言って検討することすらやってきませんでした。特に路線バスも出ていない地区民にとっては深刻な問題です。
 最後にようやく念願がかなってできた男衾コミニティーセンター300人が集える大ホールがあるのに40台分の駐車場しかありません。まわりは田畑です。今のうちに駐車場の確保は必要不可欠です。中央公民館をみても駐車場では大変不便をしています。益々生涯学習活動は活発になります。
 検討すべき住民要求を受け付けないことなど、住民福祉の向上、住民サービスの低下等の支障が出ていることではないでしょうか。
 帳簿の上では健全財政でも町民生活は決して健全とはいえません。支払った税金をもっと町民が実感できる使い方をすべきと考え反対討論とします。

Posted by たもがみ 節子 at 17時32分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

「街灯がいつも明るいね」

「街灯がいつも明るいね」

4月の次期町議選にあたって 予定候補者が決まりました

4月の次期町議選にあたって 予定候補者が決まりました

全国の保育士が580人集まった保育実践交流会とさくら・さくらんぼ保育資料室開室

全国の保育士が580人集まった保育実践交流会とさくら・さくらんぼ保育資料室開室

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.