お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2011年03月31日(木)

請願 「所得税法第56条の見直し」 について [11年03月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 12月議会で継続審査となった「所得税法第56条の見直しを求める請願」について、継続して審議して請願者の願意を汲み取り、慎重に審査すべきと私は主張して来ました。
 残念ながら委員会として前向きに請願者の願意を汲み取る努力に欠けていた事は非常に残念に思います。
 私は、請願者が訴えていたことはこの法律が戦前の封建的な家族制度を引きづり、事業主の所得から控除される働き分は配偶者の場合86万円で家族従業者(息子)の場合50万円です。このわずかな控除が所得とみなされるために住宅ローンを初め、社会的にも経済的にも自立しにくい状況になっています。第57条が補整しているのでいいのではないかという意見がありますが、あくまで57条は特例として青色申告を税務署長から承認を受ければ給料を経費にすることができますが、戦後生まれが大半を占めるようになったなかで家族関係も、納税者意識も大きく変化しています。
 世界の主要国ではすでに必要経費として認めています。家族従業者の働き分を必要経費として認めさせるには、第56条の見直しがどうしても必要でと考えます。
 以上の理由により賛成討論とし、賛成多数で可決されました。

 この請願に反対したのは、公明党の佐野千賀子、佐藤理美、保守の押田秀夫、松本勇、石井康二議員でした。

Posted by たもがみ 節子 at 05時31分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

後期高齢者広域連合議会(11月21日埼玉会館)傍聴してきました

後期高齢者広域連合議会(11月21日埼玉会館)傍聴してきました

65年前沖縄戦映画と元ひめゆり学徒 与那覇百子さんの戦争体験を聞きました

65年前沖縄戦映画と元ひめゆり学徒 与那覇百子さんの戦争体験を聞きました

オリックス(株)鉛流出問題─寄居町監視員全体会から

オリックス(株)鉛流出問題─寄居町監視員全体会から

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.