お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2016年06月18日(土)

6議会における私の一般質問 要旨 その1 [16年06月議会]

1、後期高齢者医療制度の今後について

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 町長の所信表明では、昨年に続き「健康長寿県下ナンバーワン」を目標に心身ともに健康で、生きがいを持って、生き生きとした暮らしを実現することは、全ての町民の共通の願いでもあります。そのためには、「町民と行政がそれぞれの立場で役割を担い合い健康づくりの輪を広げてゆくことが重要であります」とあります。健康を維持するためには病気の早期発見、早期治療が必要です。特に高齢者は一度寝込むような状況になると、体力の回復には非常に時間がかかります。そこで高齢者の医療制度について伺えます。
 後期高齢者医療制度は、2006年に健康保険法改正から10年、2008年のスタートから8年が経過しました。制度はそれまでの老人保健法を「高齢者医療の確保に関する法律」に改め発足しました。最も大きな変更は、75才以上の高齢者(後期高齢者)を国民健康保険や社会保険から引き離して75才以上だけの独立した制度をつくったことで、全員から保険料を徴収し、医療給付など制度運営を行うことになりました。財政は保険料、公費と現役世代からの支援金を入れ運営していますが、収入は少なく医療費がかさむなど、後期高齢者の独立保険制度は、基盤の極めて脆弱な仕組みです。法律自体、その目的に「医療費適正化=医療費削減を掲げ医療内容の差別化にも通じる規定が盛り込まれ」「姥捨て山の制度」と広く批判されてたものです。
 そこで伺います。
(1) 当町における保険滞納者の状況と滞納者数
  @過去3年間の動向について
  Aその対応と対策について
町長の答弁
 平成28年3月における当町での後期高齢者医療保険の滞納者数は113人となっております。また、27年3月末での滞納者数は125人、26年3月末では340人となっており、減少傾向にございます。対応としとては、まず督促状の発送を行い、その後に電話連絡や戸別訪問を行っています。又対策として滞納が常態とならないよう納入意識の喚起等を心掛けています。

(2)制度を維持するためにできた「特例軽減」を政府は廃止する考えで進めているようです。そこで伺います。
 @廃止により影響を受ける人数(9割 8.5割)について
 A廃止した場合の対応策として町独自の軽減措置創設の考  えについて

町長の答弁
 保険料は後期高齢者医療広域連合が決定の上、個人単位で賦課されます。なお、この保険料につきましては、所得に応じた軽減制度が設けられております。ご質問の「特例軽減」は、本医療制度の施行に当たっての激変緩和の観点から、軽減制度を割り増すという特例措置といたしまして実施したものが継続されている所であり、平成27年の当所賦課時点で、9割軽減の対象者数1548人、8.5割軽減の対象者数は735人となっております。
 この軽減割増制度自体が、制度の導入にあたっての激変緩和措置でありますことから、町独自の軽減措置の創設につきましては考えていません。

(3)窓口負担について 現在、現役並みの収入のある方は3割負担、その他1割負担ですが、2割負担に引き上げる方向で政府は進めていますが、このことによる影響をどのように考えていますか。又対策についての考え方を伺います。
町長の答弁
 窓口負担を2割に引き上げると言う情報は、現時点で得ておりませんので影響や対策は考えておりません、

(4)高齢者人口の増加と低所得者、低年金者の増加の中で高齢者イジメの制度を廃止して、元の老人保健法に戻すべきと考えますが、町長の考えを伺います。
町長の答弁
 ご質問のような考えはございません。 

Posted by たもがみ 節子 at 15時02分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

自公過半数(ネジレ解消) これでいいのか

自公過半数(ネジレ解消) これでいいのか

新年に当たっての私の思い

新年に当たっての私の思い

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その2

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その2

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.