お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2017年12月15日(金)

12月議会における私の一般質問 要旨 その2 [議会活動]

2、災害時の対応について

 近年の大雨、台風、地震、竜巻等々の自然災害は、いつどこで起きても不思議でないといわれています。この不安に対しての対応について伺います。
(1)地域防災計画と地域の安全について
 @情報収集について
町長答弁
 携帯や有線電話、パソコン、ファツクス及び県や町の防災行政無線等を利用して、職員及び県等の防災関係機関から情報収集を行うほか、自主防災組織やアマチャ無線クラブなどの民間組織やSNS等のソーシャルメディアからも情報の収集を計画しています。

 A災害情報の伝達について
町長答弁
 県等の防災関係機関とは県の災害オペレーション支援システムや防災行政無線、電話、ファックス等を利用して地域住民の方へは町防災無線、情報メール、広報車や電話等による連絡を計画しています。

 B町内会に加入していない人の安全確保について
町長答弁
 町の地域防災計画は、町内におられる方全てを対象として、安全の確保を図る計画としております。

 C要支援者への対応について
町長答弁
 要配慮者への対応については、町でも災害時に自ら非難することが困難な、高齢者や障害者につきましては、安否確認、避難支援等を実施するため「避難行動要支援者名簿」を作成し、消防等の防災関係機関や自主防災組織、地域と連携を進めておりますが、地域防災計画では、町民や自主防災組織による安全の確保や保護を行うことが定められており、現在町では町民への周知や自主防災組織の育成に努めております。

(2)災害と自治体業務の継続について
 @職員の食糧確保と休憩について
町長答弁
 職員の食糧の確保については、今年度業務継続計画の策定を進めており、この中で定めてまいりたい、また休憩については職員の健康管理の面から適切に休憩が取れるように配慮してまいりたいと考えています。

 A消防団員の増員について
町長答弁
 消防団員の数は町条例で定めており、今後も社会情勢や地域ごとの実情に応じて、町消防団と調整のうえ、適切に対応してまいりたい。

Posted by たもがみ 節子 at 16時03分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

資源循環工場は安全、安心か

資源循環工場は安全、安心か

介護保険料が28%(平均)も値上げ 月3983円から5100円です

介護保険料が28%(平均)も値上げ 月3983円から5100円です

派遣村に思う

派遣村に思う

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.