お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2018年09月22日(土)

9月議会における私の一般質問 要旨 その2 [議会活動]

2、安心、安全なまちづくり
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 当町の自然は美しいと評価されている一方で、住民からは「住宅前の耕作放置された田・畑には背丈ほど伸びた草、雑草、そこに野生の小動物が住み着き、宅地まで入ってくる、どうにかならないか」との声や「通勤、通学等々の生活道路に覆いかぶさるように土手側から雑木が大きくなって見通しが悪く不安です。どうにかなりませんか」といった声があがっています。農業の担い手不足は深刻です。根本的な施策を考えることと、当面の住民の不安に対する町の対応が急がれています。そこで伺います。
(1) 道路わきの雑木に対する住民からの苦情の状況について
 @年間の苦情件数について
 A持ち主に対する指導と対応しなかった場合の指導について
 B持ち主のわからない雑木について、せめて道路側に出ている雑木については行政が整備できるような仕組みはできないのか。
町長答弁
 平成29年度の実績で、宅地及び雑種地について2件、農地及び山林について41件、路肩等道路区域の除草について地区から要望があったものが44件の合計87件となります。
 土地所有者に対して通知等で適正管理の指導を行い、対応されなかった場合は、さらに通知等の指導を行っています。
 本来、土地所有者が管理するのが原則であることから、道路管理の面からは、行政が整備するような仕組みは考えておりません。

(2) 田・畑の雑草対策としてヘアリーベッチ等の種を配布し、丈が大きくならないよう指導はできないか。
町長答弁
 町では雑草が繁茂する農地において、その土地所有者等がヘアリーベッチ等を藩種かる取り組みにはその種子等の購入費用を一部助成しています。今後とも農地の所有者等には、除草などの適正な維持管理について指導するとともに、ヘアリーベッチの種子等の購入助成制度の周知などを行い、周辺住民の良好な生活環境の確保に努めてまいります。

(3)下水排水溝のふたの上に草花の鉢や物を置くことに対する対応について
町長答弁
 道路側溝のふたの上に置かれた鉢植え等については、地区住民からの通報等及び道路パトロール等により発見した場合は、道路上からの移動を指導しております。

Posted by たもがみ 節子 at 04時55分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

臨時議会が開催されました

臨時議会が開催されました

今が好き  その2

今が好き  その2

お年玉

お年玉

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.