お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2012年04月07日(土)

放射能汚染問題と三ヶ山ガレキ焼却灰受け入れに関する申し入れ [環境問題]

 4月5日 「環境整備センター及び資源循環工場への震災ガレキ及び県内外廃棄物の受け入れ問題に関する要請」文書を四つの協議会(鉢形地区環境問題協議会、男衾環境整備協議会、三ヶ山区、折原地区環境対策協議会)の会長さんへ、また、寄居町監視委員会委員長(岡田要氏)へ渡してきました。
 その文章は次の通りです
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 貴評議会、監視委員会にかれましては、日頃より住民環境を守る活動に、旺盛に取り組まれておりますことに深甚なる敬意を表します。
 昨年来、埼玉県では、東日本大震災被災地のガレキを県内で処理することが表明され、5月からは本格的な受け入れが始まることが報道されています。近隣住民の中では、環境の汚染、農産物などの風評被害が発生する懸念が広がっています。3月町議会に対して、受け入れ反対、監視の強化を求める11件の請願、陳情が寄せられたのはご承知の通りです。
 この間、日本共産党寄居町委員会では、環境整備センターと資源循環工場各社に、受け入れ物質の放射能検知体制に関する質問書を送り、回答を公開いたしました。
 得られた回答から、昨年までの監視測定の結果では、国の基準を超えた値は有りませんでしたが、測定の頻度、位置、測定物質の対象の少なさを勘案すると、確実に安全な体制が築かれているとは断じ得ません。
 地域住民の自主的な調査では、環境整備センターに埋め立てられた焼却灰(熊谷市内の焼却場から運び込まれて物)からは、1000ベクレル超過という比較的高い線量のものがあったことも判明しております。資源循環工場に対しては、リサイクル材料として関東圏各地からの廃棄物が受け入れられていることも知られています。その中の汚泥では、数百ベクレルの線量を示したものがあったことも知られるところです。
 放射能の汚染は堆積して高くなり、長時間継続するので、発生してからでは取り返しがつきません。また風評被害は長時間影響を及ぼします。
 かかる状態での震災ガレキ、及びその処理物である県内各地からの焼却灰の受け入れについては、安易に承諾すべきではないと考えます。

 1、地域住民との対話、合意の形成がなされないまま、ガレキの受け入れが開始されないよう、県当局に要請されますようお願い申し上げます。
 2、現行の監視体制を、頻度、対象物、測定箇所、敷地外での計測も含めて強化し、結果の公開を要請していただきますようお願い申し上げます。
 3、監視委員会が町の貸し出し用線量計で不定期、不定点での自主検査を行い、安全の確認をしていただきますようお願い申し上げます。

 日本共産党寄居町委員会委員長 寄居町議 田母神節子

Posted by たもがみ 節子 at 11時26分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2012年02月23日(木)

第2回 放射能汚染問題を考える講演会について [環境問題]

 放射能汚染問題を考える講演会 第2回目を次のように開催します

 日時 3月18日(日) 午後1時30分〜4時30分
 会場 かわせみ荘
 講師 野口邦和氏(日本大学専任講師、福島大学客員教授)        放射線防護学・放射化学

 主催 日本共産党寄居町委員会、同後援会
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 12月上旬、上田埼玉県知事が、震災地のガレキ5万tを受け入れることを表明しました。
 当町は、県の最終処分場とリサイクル工場・資源循環工場があることから、住民のみなさんから、特に幼い子どもを持つ保護者のみなさんから心配の声が寄せられました。
 現在当町に、県からガレキの受け入れについて何の申し入れもありませんが、日本共産党寄居町委員会は、最終処分場を持つ環境整備センターと資源循環工場8社に6項目に渡る公開質問状を渡しました。
 その回答を環境整備センターと資源循環工場4社からいただきました。良い機会なので講師の先生のお話を聞いた後、センター所長、町長、町民、日本共産党と意見を述べて討論することで共通の認識にすることができるのではないかと考えました。センター所長は出席してもいいという方向で考えてくれましたが、後に「県がいま、ガレキ2万tを太平洋セメントが受け入れてくれることになり、地元への説明会を行っている時なので控えるように」と指導が入ったとのこと。
 町長は、生活環境課長から「諸般の事情により参加できない」と断りがありました。

 センター所長や町長は参加しませんが、講師のお話を聞いて、有効な意見交流が出来ることを期待しています。
 講師の野口邦和氏は、この間埼玉県の三郷市を始め福島県の二本松市で7回も学習会を行っている方です。寄居町在住の東海大学教授 小金沢氏の紹介でもあり期待しています。 

Posted by たもがみ 節子 at 15時10分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2012年02月13日(月)

被災地のガレキは何処へ  その2 [環境問題]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 埼玉県は、被災地のガレキ5tを2年間で処理する方針で受け入れました。一ヶ所は熊谷の太平洋セメントで2tを受け入れをお願いしています。日本共産党の熊谷市議団では、「安全確認を地元が得られるならば被災地救援のためのものであり賛成した」とか2月4日に報告を受けました。
 また、県は横瀬町の民間企業(セメント会社)にも受け入れをお願いしているとのことです。

画像(138x180)・拡大画像(491x640)

寄居町委員会の質問書

 日本共産党の寄居町委員会では、1月26日に三ヶ山の埼玉県環境整備センターと資源循環工場8社へ六項目の質問次項を文書で解答していただくよう当事業者協議会事務局責任者(エコ計画<株>)の青木さんへ2月6日までに回答していただくよう申入れを行いました。2月3日に環境整備センターの所長さんから(2月2日に協議会が開かれ6日では時間が足りないので10日にしてもらいたい)とのことでした。

 おりしもテレビでは群馬県赤城大沼では、放射能の濃度がだんだん高く濃くなり、わかさぎを釣ることも魚を食べることも出来ない湖、死の湖へとなってしまったことが報じられています。この先30年は魚釣りは出来ないだろうとのことです。
 いまだに放射能は出続けているわけです。不安を持つのは当然です。不安を大きくするような要因は、受け入れるべきではないのではないでしょうか。

Posted by たもがみ 節子 at 15時20分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2012年01月15日(日)

いま問題の被災地のガレキはどこへ [環境問題]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 東京、神奈川に続き12月上旬、埼玉県知事は、被災地のガレキを受け入れる意向を表明しました。
 県所有の三ヶ山の環境整備センターへ焼却灰として、又は破砕として埋め立てようと考えているのか、寄居町へは今だに何の話も来ていません。
 昨年は、環境整備センター内にあるリサイクル施設(資源循環工場)から「リサイクルの材料、汚泥一般廃棄物等々が減少し、リサイクル製品が出来ない状況にあり、材料搬入の取引先を拡大したいので認めてもらいたい」という申し入れが議会と町の四つの協議会にありました。
 私は、材料が少ないのは大変だと思うが、濃度が基準値以下だと云えども今までよりも多くの放射能があの地(三ヶ山)に搬入されることには反対です。と意思表示しましたが、私以外の議員は「基準値以内であれば何の問題はないのではないか」ということで搬入が拡大されることになりました。
 1月10日現在では静岡県と群馬県から搬入したいという話が来ているとのことです。
 
 一方で、寄居町と深谷市の幼い子どもを持つお母さん達から「放射能から子どもを守る会」を結成して、埼玉県と寄居町へガレキの搬入をしないでほしいという署名運動が起きています。
 1月13日(金)には、主旨に賛成する方40数名が埋立て処分場を見学しました。県は、13日には対応できないということで地元の議員である私・田母神が案内することになりました。
 当初の純粋な取り組みの地元のお母さんの他、環境問題の運動をしている団体の方も見えていたようです。1月24日(月)に県が来ることになっています。また、三ヶ山地域開発調査特別委員会も開かれますが、そこで話が出るのでしょうか。
 さてさてガレキはどこでどう処分されるのでしょうか。

Posted by たもがみ 節子 at 04時20分   この記事のURL   コメント ( 1 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

国の補助金制度と 町の対応について

国の補助金制度と 町の対応について

新潟県 出雲崎の最終処分場を見学

新潟県 出雲崎の最終処分場を見学

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その1

9月議会に於ける私の一般質問 要旨 その1

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.