お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2007年10月05日(金)

九月議会 最終日 反対討論そのU [07年09月議会]

 水道料金の値下げを要求し、2006年度の水道会計決算に反対しました。
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 2006年度の水道会計決算では、水道水の使用を控えた一般家庭が増加し、一万三千立方米からのが水が余りました。
 生活苦を衣食から控えるところまで住民は、追いやられています。値下げして使ってもらった方が得策です。
 水道料金を値上げしてから水道会計は、ずーと黒字です。この間の黒字分と原価償却分を見直せば、水道料金の値下げは可能です。
 今こそ住民生活安定のための施策が必要と考え、水道会計決算に反対します。

Posted by たもがみ 節子 at 05時14分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2007年10月04日(木)

九月議会の最終日・反対討論の続き [07年09月議会]

「生きる命綱である保険証の取り上げは止めるよう」国保会計決算に反対しました。
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 二年前から国の指導を受けて寄居町でも国保税・保険料を支払いない人に「資格証明書」を発行し、一年前より今年度の方が増加しています。
 見せしめにやったのなら効果が出ていいわけですが、効果がない、保険料を支払いない人が増えている社会状況だということです。
 国民健康保険は、全ての国民が安心して生活できるよう「国民皆保険」として出発しました。この原点にかえり安心して医者に掛かれるようにすべきです。また、保険料の値上げや国の制度のあり方を見直し、補助金を増やして制度の安定化が必要ではないでしょうか。

 老人保健特別会計決算に反対しました
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 老人保健の68才、69才の無料廃止や、一割負担から二割負担になったため、お医者さんに行く人が大幅に減りました。
 悪くならなければ医者に行けない、この国の制度を正したり自治体独自の助成制度もつくらない。ましてや来年四月より「後期高齢者の医療制度」が実施されたら、今以上に大変な高齢者が続出します。
 安心して生活できる保障が必要と考え、反対します。

Posted by たもがみ 節子 at 05時46分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2007年10月03日(水)

九月議会(決算議会)が終了しました [07年09月議会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 私は一般会計歳入歳出決算、国民健康保険特別会計歳入歳出決算、老人保健特別会計歳入歳出決算、水道事業会計歳入歳出決算の認定に反対し、反対討論を行いました。
 以下、順次報告します。

 平成十八年度一般会計決算に反対しました
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 単年度決算六億三千五百万円を財政調整基金(一般家庭の貯金)九億五千六百万円に貯め込んでいます。
 この一割は住民のために使うべきと主張しました。
 国の三位一体の改革で、町はこの先五年間で十四億六千万円の赤字が見込まれるとして、町のあらゆる補助金の一割カットや役場職員の基本給3%削減、使用料、手数料の値上げ等を進め、住民生活は非常に苦しくなってきています。
 それに輪をかけて定率減税の廃止や老齢者控除の廃止に伴い住民税の大幅増税、介護保険料の値上げにと、収入は少しも増えていないのに差し引かれるものばかりです。
 町は、企業の景気の回復傾向や、税制改正によっての町民税の増収、計画した事業ができなかった等の不要額二億八千万円出たことなどが、単年度六億円を超える黒字決算となりました。
 2006年度は町営住宅の建て替えや桜沢・寄居保育所の統合で新寄居保育所の建設と子育て支援センターの創設等進めてきました。
 一方で三ヶ山の資源循環工場での鉛流出問題にみられるような住民の安心・安全に責任をもった対策を積極的にとろうとしていません。 
 国の農政は、大型化・企業化の推進方向で品目横断安定的経営対策では、農家はつぶされる状況にあります。
 具体的な町独自の施策が進められていません。又一方では、公正・公平を何よりも強調する町が、その公平・公正さを欠く同和団体への活動費補助や関連事業を温存し、差別をなくす方向を示さないでいます。
 高齢化が進むなかで「元気な高齢者を増やしたい、生涯学習を活発に」といっておいて、その活動の拠点となる公的施設の使用料金を値上げし、活動を抑えることをしています。
 「みなさんの意見を取り入れて協働の町づくりを進めたい」と言いながら人の意見を聞こうとしていません。
 寄居町新生チャレンジプラン2006の計画も二年目に入りいくつかの問題点や改正すべき点を指摘しても「プランは変えようとは考えていない、このまま進めます」と聞く耳を持ちません。
 これでは良い町づくりは、できないではありませんか。
 ホンダ工場の寄居進出により、今後出費が予定されていますが、住民にはガマンガマンでギリギリのところに追い込み、ホンダのためにだけこの税金を使うのは許されません。

 明日も、別項目の反対討論の続きを報告します。よろしくね

Posted by たもがみ 節子 at 13時37分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2007年09月18日(火)

9月議会一般質問とその回答(続) [07年09月議会]

3、寄居町新生チャレンジプラン2006の見直しと内容について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

(1)時期について
(2)住民負担について
(3)庁舎内体制・職員の処遇について
(4)全般的な見直しについて

【町長】見直しをするつもりはない。この5ヶ年のプランは順調に推移していると考えている。住民のみなさん、庁舎、職員みなさんの努力でここにいたっています。計画通り進めます。

(注) 平成15年度、16年度、17年度と18年度の決算で6億3千万円からの黒字を出しています。平成15年度3億7千万円、16年度4億6千万円、17年度4億6千万円と経過して来ています。
 1年間約3億円の赤字が出ることを見込んで立てたプランは倍以上の黒字を出し、財政調整基金(貯金)を9億3千万円溜め込んでいます。
 90数億円の一般会計では、9億円余の財政調整基金(預金)は理想だとのこと。
 しかし住民のふところは理想に程遠く、医者にかかるのもガマンして生活しています。国保税の引き下げや水道料金の引き下げなど住民負担軽減のために役立てることこそ今必要ではないでしょうか。

4、日曜議会、夜間議会の開催について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 日曜議会、夜間議会を開催する場合、行政執行側として町長の考えを伺えます

【町長】私としては良いことだと考える。決めるのはあくまで議長で、議運などでよく検討してもらいたい。

Posted by たもがみ 節子 at 05時35分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

町が呼びかけている「交通共済」について

町が呼びかけている「交通共済」について

憲法施行60年 世界に誇る憲法を守ろう

憲法施行60年 世界に誇る憲法を守ろう

鉢形 上の町、女性協力会のこと

鉢形 上の町、女性協力会のこと

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.