お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2014年11月29日(土)

2014年の終わりを前にみなさまえへの感謝と2015年への抱負 [お知らせ]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 みなさんの温かいご支援で5期20年議員活動を続けることができました。
 私のモットーは「身近で役立つこと、町政をしっかりチェックし、町民に開かれた町づくり」を信条に取り組んできました。
 子どもの医療費の窓口払いの撤廃を近隣の市にまで拡大し、第3子の保育料の無料化、公立保育所に所長の設置、高齢者の足の確保をデマンドタクシーで実施、介護保険利用者への障害者控除の実施等々、みなさんとご一緒に実現することができました。
 議会では「議会を身近に感じてもらう」と議会便りの創設に加わり、毎期編集委員をしてきました。議会改革検討委員として、一般質問の一問一答方式と執行より事前に回答を得るなど議会の活性化にも努力してきました。
 新しい町長になり、今後どう変るのか、町民の立場を貫き通せる議員として引き続き頑張る決意です。
 なお、日本共産党寄居町委員長として、いっせい地方選挙では2議席の確保を目指し、全力で取り組んで行きたいと思います。

Posted by たもがみ 節子 at 14時33分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2011年04月26日(火)

激しく戦われた町議選  ご支持、ご支援ありがとうございました [お知らせ]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 25名立候補で16議席を争うというかって経験したことのない選挙戦を多くのみなさんの支えと支持者、後援会員、同志のみなさんに支えられ、無事勝ち抜くことができました。
 二議席確保を目指しましたが、現有一議席にとどまったことは、今後の課題として、これからの四年間をしっかり闘っていきたいと思います。25日にはさっそく当選証書の授与式が行われ、得票の多い人から選挙管理委員長から手渡されました。
 私は四番目に受け取りました。965名の方々がどんな思いで投票してくれたのか、選挙期間中に演説を聞きに来てくれた高齢者の方が「当選してくださいね、お願いしますよ」と握手してくれた感触を忘れません。あの手のぬくもりには「私たちの思いをしっかりと議会に届けてくださいね」という願いにも似た期待を忘れることなく頑張って行きます。
 どうぞ今後ともよろしくご指導、ご鞭撻をお願いします。

Posted by たもがみ 節子 at 19時05分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2011年02月12日(土)

(仮称)寄居PA美里・深谷スマートインターチェンジについて [お知らせ]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 1月31日に行政から説明がありました。

1、スマートIC概要
 設置場所、関越自動車道寄居パーキングエリア
 運用形態、全車種対応、24時間、

2、今後のスケジュール
 平成22年度、スマートIC地区協議会の設置、
        実施計画の提出、
        連結許可申請、国の方針を見据えながら実施
 平成23年度、道路詳細計画書等
 平成24年度〜 用地買収、本体工事

3、背景及び目的
 欧米諸国に比べインターチェンジ(IC)間隔は2倍と長く、高速道路か゛通過するにもかかわらずICが設置されない市町村も存在する。このため、高速道路において効果的に追加ICの整備を図り、もって高速道路の通行者及び利用者の利便性の向上、地域の活性化、物流の効率化等に寄与することを目的とする。

4、当該ICの設置により期待される整備効果
 〇地域経済の活性化と雇用強化
 〇交通利便性の向上
 〇交通分散による渋滞緩和

 連結許可申請が受理されて初めて計画が動き出します、寄居町では用土地区が直接関係してきます。道路の安全整備はまったなしです。

Posted by たもがみ 節子 at 12時55分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2010年04月11日(日)

今井 ナツ子さんへのお別れの言葉 [お知らせ]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 今井ナツ子さんに最後にお逢いしたのは、今年の一月でした。少しやせて、全体が小さくなった今井さんに「元気ですか」というと「うん、どこも悪くはないんだけど、食欲がないんだよねー」と言う事でした。そして三月のお彼岸の頃、息子の安治さんのお話で、入院を聞き「今月が越えられるかなー」ということで、3月28日(日)のお見舞いに行く予定にしていました、その矢先の訃報でした。本当に残念です。
 今井ナツ子さんは、若い頃大変ご苦労されたようです。結婚して四人のお子さんに恵まれました。立派に成長されております。長男の安治さん24才の時、夫を亡くし、その後一人で子どもを育て生活して来ました。長男の安治さんの影響で60才に近い頃,当時日本共産党の町議会議員の北条竜介さんの勧めで日本共産党員になりました。
 まだまだ封建的な考えの強い田舎で、日本共産党に入党すると言う事は大変だったと思います。安治さんのお話ですと「どうしょうかねー」と相談が有ったようですが、北条竜介さんに絶対の信頼を寄せていたナツ子さんは、信頼する人の勧めと言う事で入党を決意したのです。
 私は、議員になってから、ひたしくさせてもらいましたが、いつも今井さんの周りには多数のお友達が集まって来ていました。「ナツちゃん ナツちゃん」としたわれ、お話をしたり、相談に乗ったりしていたようです。どんな時も「日本共産党を大きくしないと、世の中変らないょ」ということを忘れずに云う人でした。
 また今井さんは、とても積極性があり、カラオケクラブで歌ったり、大正琴を弾いたり、長寿会の役員になったりと多面的に取り組み、仲間と生き生きと活動していました。
 私たちは、そんな今井さんに沢山の勇気と元気をもらいました。今井さんの話は、おしゃべりを何気なくするにかに押し付けることなく日本共産党の必要性を語り、聞く人を納得させるのでした。日頃の活動が最大限に発揮される時が、選挙の時です。「ナツちゃんがいうんじゃー応援するよ」と候補者を良く知らなくとも応援してくれる人のなんと多かったことでしょう。また、自分がビラ配りなど配布できなくなると、決まって若い代わりの人を見つけて、お願いしていました。頭の下がる思いです。
 今井さんの最近の楽しみは、6人のお孫さんの成長と、2人のひこ孫さんに逢うことだったようです。
 90年の人生の30年あまりを日本共産党員としてみごとに生き抜いたことは、私たち後輩にとってなによりの財産です。私たちは決してその生き様を忘れることはないでしよう。
 今井ナツ子さん、本当にありがとう。そしてご苦労様でした。安らかにお眠りください。
 日本共産党町議会議員 田母神節子 

Posted by たもがみ 節子 at 17時14分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

後期高齢者医療制度 いよいよ四月から実施

後期高齢者医療制度 いよいよ四月から実施

帰宅難民を経験しました

帰宅難民を経験しました

長寿を祝う会

長寿を祝う会

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.