お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2009年09月27日(日)

9月定例議会を終えて [09年09月議会]

 9月4日(火)から始まった9月決算議会は、9月25日(金)に終了しました。
 私は、六つの議案に反対し、一つの請願に賛成しました。以下、順次議案ごとに討論を紹介します。

 2008年度寄居町一般会計歳入歳出決算について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 「世界金融危機」や「世界同時不況」で輸出による日本経済への圧迫は、国内生産水準の悪化で中小企業や非正規労働者へのしわ寄せとなって表れ、1千万人を超えるワーキングプァを生み出し、戦後最大の中小企業の倒産を生み出しました。
 特に若い人の雇用状況は深刻です。こういう時だからこそ地方自治体の役割は重要です。
 当町の歳入面では、町税、固定資産税共に前年度に比べ2.6%、3.6%と増加しています。収入が増えたというのではなく税率の基準が変ったために、一時的に増加したものです一過性のものです。又、町営住宅の建設が完了した事にともない、国庫補助金が大幅に削減されたため補助金は前年度比で29.9%の減少でした。

 歳出も前年度比3.8%の減少で95億2836万円のところ、90億9018万円となり実質黒字は、3億8154万円でした。
 国の行財政改革で5年間で16億円もの補助金の削減を見込んで作成した「新生寄居町チャレンジプラン2006」から3回目の決算です。3年連続で黒字を出しています。町の貯金である財政調整基金にも8億7千万円も積み込まれています。

 私は、三つの角度から決算を見ました。
 一つは、町の計画の基本に人口4万人をおいているが、人口は、3万7千人から殆んど増加していません。むしろ減少傾向です。若者か住み続けられ、子育てが安心して出来る環境ではないこと。その一つに「労働者」の実態を把握すべく町には、予・決算の項目で款に「労働」の部分が抜けています。ここをしっかり位置づけて具体的対策を作る必要があることです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 二つ目は、職員の大幅な削減で職員が能力以上の要求で病人が出たり、長時間労働が余儀なくされ、住民の声やアイデァを町政に生かせる状況にないこと。チャレンジプラン2006で1年に5名づつ削減し、3年間で15名で255人必要なところ229人で16名も少なく、病人の出ているところは、臨時職員で対応するなどは、必要最小限のこと以外できない状況にあり、予定の退職者(定年退職者)以外の退職者が、ここ数年増加していることからも、日常の勤務が異常事態にあることを物語っています。少なくとも計画まで早期に取り戻し、一日も早く職員を採用することが必要です。課の体制にも異状がおきています。

 三つ目は、町が「税の公平性」といって納められない人には差し押さえをしたり、国保税では短期保険証や資格証明書を発行していますが、国が同和事業の終結宣言を出しているのに、今だに特別に予算を組み、同和団体への補助金、集会場学習、減税、建物建築資金の貸付金の返済などの事業を行っています。差別がなくならないからなくすために事業を行っているといいますが、男女差別、思想差別など差別は他にも沢山あります。
 今まで行っていた同和事業は、一般会計の事業でやれるものばかりです。終結宣言を町が、町長が行えば済むことです。町長の決断が必要です。

 最後に5ヶ年ごとの計画で、一年一年の予算が組まれていますが、3億円以上の黒字を毎年出していても、年間500万円程度の公民館などの使用料金を元にもどして無料ににしてほしてという要求は、実現されません。
 住民パワーを町づくりに生かし、自然が素晴しいこの寄居町が歴史と文化を、町民パワーを、パブリッリコメント制度などの活用で生かし、元気で生き生きした活力ある町づくりが必要です。
 以上の理由により反対討論としました。

Posted by たもがみ 節子 at 11時08分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2009年09月17日(木)

私の一般質問に対する回答 要旨 その2 [09年09月議会]

ゴミ問題について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 町長 家庭からの生ゴミの排出削減といたしましては、十分に水切りをして排出していただくことをお願いしているところでございます。
 他の自治体の中には、生ゴミの分別収集で資源化を実施しているところもあるとのことでございますが、町としては町民の分別輩出の協力、収集運搬、処分先の確保などの課題があると考えております。
 町でも家庭系の生ゴミにつきましては、平成12年から平成16年までの5年間生ゴミ処理容器購入費補助事業を実施し、家庭から発生するゴミの減量化・資源化をすすめましたが、一応定着し生ゴミに対する意識の向上も図れたものと考え終了といたしましたので、現在、助成は考えてはおりません。

 私の再質問の中で、生ゴミに対する意識の向上が計れたので助成はしないと主張はまげません。せめて家庭ゴミ処理機購入の一部助成制度をもうけ、家庭菜園、花、植木で美化活動にも貢献できるのではないかと主張しました。

 町長 2点目でございますが、粗大ゴミの排出にあたりソファーやベット等、分解できないという声が以前からあり、町といたしましても対応について検討をすすめてまいりましたが、取り扱いについて受け入れ先と協議がととのったことから、先月開催した衛生役員会議において、今後は不燃物ゴミとして排出、実施時期を10月とすることが決定されたところでございます。

 私の再質問 粗大ゴミソファーやベット等については、回収業者が見つかったので10月より不燃物収集時に出すことが出来るようになりました。
 是非、このことを普及し、今まで困っていた人に応えてほしい


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

町長 3点目でございますが、現在、各地区に対しましては5月の「ゴミゼロ運動」及び11月の「いい庭の日」の年2回の清掃活動をお願いし、各地区の環境美化・清掃活動が進められているところでございます。
 また、「わが町は美しく推進事業」につきましても、地区の実情に合わせた事業としてそれぞれ取り組んでいただき、補助事業を有効活用していただいているところでございますが、今後も、地区からの環境美化等に対するご相談につきましては協力してまいりたいと考えております。

 私の再質問の中で、 町はあくまで相談されれば協力するという考えで、自ら地域に提案するなどは考えていないといこと。町・待ちではダメ、自ら何事もやる、地域が一つになってやることが必要だと思いました。

Posted by たもがみ 節子 at 04時15分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2009年09月16日(水)

私の一般質問に対する町長の回答 要旨 [09年09月議会]

第5次総合振興計画 前期基本計画の3年目の決算をどのように分析し 次年度に生かすお考えですか
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 町長 初めに、職員数につきましては、早期退職者で定員管理計画を下回っておりますが、目標数値を超えない範囲において、今後も適正な定員管理に努めたいと考えております。また、休職等で職員数が不足する課では、臨時職員の採用で対応しております。

 私の再質問で、職員数は5年間の削減数(1年5人で25人) 本来245人の計画が3年目の決算で現在229名で4名も病人が出て臨時職員対応しています。誰が見ても人手不足ではないか、人手不足は町民サービスの低下につながる、職員の増員が必要ではないか。実質3億8千万円もの黒字を出している。税金は必要に応じて町民のために使うことが大事ではないかと追求したしたところ、計画の数値245人に近づけたいとの答弁でした。

 町長 2点目につきまして、以前より申し上げているようにチャレンジプランは、基本理念にありますように単なる経費の削減をめざしたものではなく、様々な改革を実施することによって、簡素で効果的な行財政システムを構築するものであります。補助や負担に関してましても、そのような考え方に基づき見直しをおこなったものであり、現在は、当初の計画を着実に実施してまいる所存であります事から、現時点での復活は考えておりません。

 私は再質問の中で、現在計画の75%に達している。これは出ていたものが出なくなったことによる成果以外の何ものでもなく、補助金も内容がいろいろで見直しが必要です。必要なところへの復活はやるべきと主張しましたが、折り合いはつきませんでした。

 町長 3点目につきまして、以前も申し上げましたように、「民間で行える業務は民間へ」の考え方から民間委託可能な事務事業について移行を検討するものですが、町民サービスの向上と併せて経費の削減が期待できる事業について検討するものであり、後々問題が残ることのないよう細心の注意を払って取り組んでおります。

 私の再質問の中で、「官から民へ」は、町民サービスの向上と経費削減には必要と、本来「官」が責任をもって手厚いサービスを行うべき福祉関連からもゆくゆくは、手を引く考えのようです。

 町長 4点目につきましても、現時点での見直しは考えておりません。

 私の再質問のなかで、使用料は本来無料にすべきで、多くの町民のみなさんの学ぶ権利や、地域づくりの学習の場を保障することは、地方自治体の役割です。
 財政難を理由に有料化は憲法にも違反するものです。実際目標の30数%にしか使用料金が到達していないことは、使用を控えている団体や個人がいることで、本来の町の生涯学習を活発にし元気な町づくり進める上での逆行でしかないことと主張しました。

Posted by たもがみ 節子 at 05時06分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2009年08月28日(金)

9月定例議会  私の一般質問の要旨  その2 [09年09月議会]

2、ゴミ問題について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庭の花

 生きてゆく以上、ゴミとのかかわりは無くなりません。しかし、減量化や分割して資源に生かすことなどは可能で、全国の自治体で取り組んでいます。
 そこで 3点について伺います。

(1) 生ゴミの分別収集についてどのようにお考えですか。コンポストへの補助金、家庭生ゴミ処理機への補助金等で家庭菜園や花壇などの普及についてりのお考えはありませんか。


(2) 粗大ゴミの収集、ソファーなど収集してくれない物に対する対応について、電気用品のように家具屋さんとの協力はできないか。


(3) ポイ捨てゼロの町をめざして、各地区の取り組みの援助、わが町は美しくをもう一歩前進させた取り組みについて

9月7日(月) 午前9時00分から一般質問が始まります。
私は二番目です。9時30分頃から始まると予想されますのでお忙しいとは思いますが、ぜひ傍聴にお出でください。

Posted by たもがみ 節子 at 05時48分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

町議会常任委員会・特別委員会の合同視察 その3

町議会常任委員会・特別委員会の合同視察 その3

冬のポール・ウォーキング

冬のポール・ウォーキング

「日頃の努力がようやく報われたね」のお声掛けに思う

「日頃の努力がようやく報われたね」のお声掛けに思う

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.