お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2010年12月22日(水)

寄居町農業応援議員連盟を結成 [10年12月議会]

12月議会中に、寄居町農業応援議員連盟を結成、室岡重雄議員の呼びかけで12月7日に結成されました。

 代表に 室岡重雄
 副代表 押田秀夫 田母神節子
 会計に 大平久幸
 幹 事 坂本健治 岡本安明 稲山良文 原口昇 
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 目的は、寄居町農業および町内農業者の応援を行いもって寄居町農業の持続的発展と町内農業者の経営に寄与すること。

 会員は、JAふかや組合員または農業生産従事者で、この会の目的に賛同する寄居町議会議員をもって構成する。

 私もJAふかや城南支店の女性部に入会していることや夫がダチョウ牧場を経営していることもあって呼びかけを受けました。
 結成に当たって今問題のTPPについて国へ意見書を出しましょうと提案しました。

 議会最終日に、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への対応に関する意見書提出について
 提出者 岡田重雄 
 賛同者 坂本健治 押田秀夫 稲山良文 田母神節子

Posted by たもがみ 節子 at 06時27分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2010年12月21日(火)

請願 所得税法第56条の見直しについて の審議 [10年12月議会]

12月8日 総務経済常任委員会での所得税法第56条の見直しについて 審議の結果継続審査となりました
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 この請願についての審議では最初から意見が二分しました。

 押田議員は 昨年も出し、今回は廃止から見直しに変えて出し、見直しだと通ると思っているのか、廃止になった後どうなるのかわからない。

 稲山議員は、56条で不備な点は57条があるので問題はないのではないか。

 佐野委員長は、私の知っている人は、変える必要ないと云っています。今のままで不自由はないと。

 松本議員は、これを変えたことによって税収に変化はあるのか。

 税務課長、変えても変えなくともほとんど変化(税収という点では)はありません。

 吉田、原口、田母神の各議員は、昨年に続き今回も出してくるということは、なくしてほしい、見直してほしいとの思いが強いわけで、この意見書を国へ出したからと言って町も不利益をこうむる訳ではない、出すべきではないか。

 押田議員、どこをどう見直しをするのかわからない、廃止を直しにすれば通ると考えかも知れないが、そんな訳にはいかない。

 等々の意見のやり取りのなか

 私は、請願者が勉強会を開いても参加もしないで、今になってわからないというのもどうかと思うが、納得しないのであれば、採択できないから継続審査にしたらどうかと提案。

 吉田、原口議員は、賛成してやってもいいんじゃないか。

 稲山議員、そんなかんたんな訳には行かない。

 等々意見が行ったり来たりするなかで継続審議をすることに全員一致でなりました。

Posted by たもがみ 節子 at 05時28分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2010年12月20日(月)

私の一般質問に対する答弁 要旨 その2 [10年12月議会]

2、自治体は今どうなっているのか
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

町長答弁

(1)悪化する公務員労働・公務職場について
 @ 職員数は、定員管理計画に定める人数を目標としています。

 A 定員管理計画に定める人数で各部門に配置できることが、適正配置であると考えています。

 B についてですが、一定数の臨時職員は必ず必要であると考えています。現状は、臨時職員の比率が高くなっていることから、保育士の採用も進めています。また職場では、正職員を中心に、臨時職員とともに子どもの安全に注意を払いつつ、子どものための保育を心がけ、さらに職員の健康管理にも留意しています。

 C についてですが、近隣市町村の実態を把握した上で、対応を考えたいと思います。

私の人員削減をどこまでやるのかの再質問に対しては、
 担当課長は、「職員定数管理計画にのっとって行う」といいながらこの計画よりも22名もすでに多く削減されていることが明らかになりました。

 また私は、C非正規・臨時職員について時給のみの支給となっているが、交通費や一時金の支給についての考えはないかの再質問で、保育士は県平均920円で交通費、一時金が支払われている市町村はいくつもあります。職員の半数近くの非正規・臨時職員の待遇改善は必至ではないか。

 担当課長の答弁
 来年平成23年4月より保育士については時給880円から920円にアップ、交通費も支給する考えでいます。

(2)の@についてですが、事業者の施行能力や環境への配慮などが評価できる入札方式であると考えております。

 A 現在町では、最低限度価格は設けておりませんが、今後入札制度全体の中で研究してまいりたいと考えています。

 Bについてですが、一定額以上の工事請負契約を締結した場合、町は受注者に対し、建設退職金共済証紙購入状況報告書の提出を契約締結後一ヶ月以内に義務付けておりますが、今後は退職金共済証紙の添付状況を確認できる制度にしたいと考えております。

 私の再質問 なぜ今まで行わなかったのか

 担当課長は、「信頼関係でやって来たから」と 信頼するとは実行あっての信頼で実行が分かる「個々(労働者)の貼付状況を把握することではないか」に対し、
 担当課長、実際に貼付したかどうか確認します。

(3)の@についてですが、ご案内の通り、町のゴミの収集運搬は、効率的な業務運営を目指すため、3業者に委託しております。
 契約締結後は、委託業務の実施結果の状況については確認いたしますが、ご質問の労働実態については、把握しておりません。

 Aについてですが、町といたしましては、雇用主と従業員との雇用関係でありますことから、ご質問の依頼はできません。

 私の再質問、
 税金で仕事をしている訳だから労働者の状況をなぜ知ろうとしないのか

担当課長の答弁、町は会社と契約しているのでその考えはない
 
私は、おかしいのではないか、税金は有効に活用すべき、労働者の実態はどうでもいいというのでは、公契約とはいえない、把握したらどうですか。

担当課長、今のところその考えはありません。

Posted by たもがみ 節子 at 05時24分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2010年12月19日(日)

私の一般質問に対する町長の答弁 要旨 その1 [10年12月議会]

1「非核平和都市宣言の町」創設25周年に寄せて
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

町長答弁
 はじめに、1番目の(1)の質問でございますが、核兵器のない、平和な世界は大切なものと考えております。そのため、町広報誌等を通じて平和の大切さを伝えていきたいと思っておりますが、ご提案の記念イベントを実施する考えはありません。

 次に、(2)についてですが、「非核平和都市宣言」を行っていることを町公式ホームページの中に取り入れるよう検討してまいります。

 次に、(3)についてですが、ご質問の戦争資料の常設コーナーを設けることは考えておりません。

 次に、(4)についてですが、町が中学生を平和式典に派遣することについては、いろいろな課題が考えられることから、現状では難しいと考えております。

 次に、(5)についてですが、本年度において、すでに加盟する手続きを行っております。

 私の再質問のなかで (1)町長はどんなイベントを考えて「実施する考えはない」と言っているのか聞くと、
 町長は、「あなたはどんなイベントを考えていますか」と逆に質問されました。
 私は、今まで町が平和に対しての取り組みをやってこなかったので、せめて町主催で中央公民館などを使用した「映画会」でも戦争体験を語ってもらう「講演会」でも特別お金を掛けなくとも記念式典なり、記念行事はできるのではないか。

 町長は、「検討する方向で考えてい」となりました。

Posted by たもがみ 節子 at 05時14分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

「公的介護の充実」が必要だよねー

「公的介護の充実」が必要だよねー

私 共産党議員と他の議員の違いについて その1

私 共産党議員と他の議員の違いについて その1

3月議会における私の一般質問 要旨 その4

3月議会における私の一般質問 要旨 その4

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.