お元気ですか たもがみ節子です

母と子の幸せ願って50年、安心して住める町づくりに全力で頑張ります

2017年03月24日(金)

2017年度寄居町一般会計予算について [17年03月議会]

 2017年度寄居町一般会計予算について反対しました
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 2017年度政府予算の特徴は、第一に「アベノミクス」と「消費税頼み」の路線の行き詰まりと破綻は一層明確になってきています。それは2016年度の補正予算で税収が当初予算寄りも1兆7440億円も落ち込んだその穴埋めに1兆8526億円もの国債を追加発行することになったことです。
 第二は、「戦争する国」「安保法制の制定」により、軍事費は5年連続で5兆1252億円となったことです。
 第三は、これに反して暮らしの予算が削減されたこと、社会保障費の「自然増」を1400億円も削減、文教、中小企業、農業予算などは軒並み前年度比マイナスになったことです。
 第四は、「財政健全化」の展望は見えず、日銀の超低金利に支えられた財政の歪みが益々深刻になってきていることです。
 以上の状況を見た時国民生活は、3年連続での賃上げといっても物価高と増税等々で苦しくなっています。楽になった実感はありません。
 当町の町税の状況をみても年間所得100万円以下の人が19.4%、200万円以下が31.2%、300万円以下21.7%と、300万円以下の所得の人が合計で72.3%(12173人)となり中流(中間層)は11.5%と当たり前の生活すら困難な人が増加しています。そのような状況ですから預貯金をしている人も減少し利子割交付金は前年度の二分の一になっています。少子高齢化の中で高齢者が多くなれば税収も減少します。また社会情勢では、正規雇用よりも非正規雇用者が増加し、同じに働いても年収に大きな格差が生まれています。
 当町では第6次基本計画の初年度として、また町長の所信表明でもある3つの重点施策の一つ「教育」を重点とした予算が組まれています。この取り組み事態に反対するつもりはありませんが、子どもに貧困の格差がひろがり、教育に格差が生まれない取り組みもされていますが、就学援助金を受けている人が12%です。300万円以下の所得の人が72.3%では、全国平均16%ですので本当に必要な人が受けられているのか疑問です。また、せめて第二子までの給食費の無料化を進めるべきではないでしょうか。
 教職員の負担軽減のための施策も見えてきません。困難な子どもが増加する状況において教職員が疲れてしまっては毎日の子どもたちの居場所である学校が楽しい学校なのか心配されます。ソフト面での対応が必要です。
 二つ目の女性の活躍について、私は役場の中で複数の女性課長が誕生させられないのが不思議に思います。課長20数名の中で女性1割は最低ではないでしょうか。女性たちにとって役場は恵まれた職場と映っています。私もそうあるべきと思います。ところが同じように働き同じように能力があるのに課長になる人が居ない。人が居ないのではなく、なれない状況がある、役場の体質なのか。課長になって欲しいと要望・打診したら職場を辞めてしまった優秀な女性幹部の話も聞いております。なぜ女性課長が働きやすいよう改善されないのでしょうか。女性の1人課長さんからも今まで男性と違い相談する人、もう1人女性課長がほしいですねとの声を聞いています。
 また、保育所の保育士さんの正規雇用の少なさ、せめてクラス複数の正規職員がいないと生理休暇も有給休暇も取れません。いま、全国では待機児童解消のために安上がりな保育所が増え、いろいろな問題が起きています。所税が働き続けられる理想の職場として役場や町立保育所の役割は大きいと考えます。外に出た学生が寄居町に帰って働く職場になる役割があると考えます。そのような視点で役場や保育所を考えているとは思いません。
 三つ目の「健康長寿」では、プラス1000歩運動が一定の成果を納めていますが、今後の取り組みでは、介護が必要な人、病院が必要な人、家での介護が必要な人が増えないために小鹿野町での取り組みは学ぶべき点があり、一定の効果をあげています。地域の福祉委員さん、民生委員さんと連携し体力的に弱ってきた人に対する早期対応。それには保健師さんの力が必要です。デーサービスが必要か、病院への入院か、家での看護かなどで悪化することを防ぎ、医療費の抑制につながっています。それには素早く対応できる体制が必要です。今の状況では包括支援センターの職員も手薄で幾つもの事例には対応しきれません。また、住民自身がそうゆうシステムを活用することすら知らないで、自分の責任、家族の責任と個人任せになっています。
 先日、健康で元気でいるにはどうしたらいいのか、老人クラブ連合会主催の講演では、「動く、しゃべる、笑う」ことといっておりましたが、一人ぽっちをなくし友達をつくり、いろいろな行事に参加し、おしゃべりして心から笑える。日々の何気ない生活が大切と言っておられましたが、何気にい生活もそういう仕組みの中に入れないと高齢化のなかででき無くなってしまう。保健師さんの数もそういう取り組みをやっている地域もまだまだ少なく、町として取り上げ広げることが必要です。
 
 最後に芸術文化の町としての良さのアピールや取り組みがほとんどなされていないことです。前回の出張美術館には8千人を超える参加者でとても喜んでもらいました。芸術文化に関心のある人の多さも再認識しました。鉢形城跡公園、歴史資料館や玉淀、雀宮と自然と文化が織り成す情景は寄居町の誇るところです。ここに芸術を加いることでただの観光だけでない魅力を加えることになります。特に寄居町とかかわりの深い文化人の方も多く、その方の影響を受けた人による作品等も沢山あります。町民の方々に見て、知っていただくことが必要と考えます。そりには、あの県より買い受けた保健所を常設のミューディアム、アート展示場にし、鉢形城跡公園から玉淀・雀宮を散策した人たちが「ほっと」一息ついで見る絵画や書、写真、写真、陶芸等々にふれることで寄居町の魅力を感じてもらい、また来たいと思ってくれるようになるのではないでしょうか。一ヶ所こういう所ができることは、大人だけでなく子ども達にも芸術・文化に触れることになり、より寄居町の良さを感じ,寄居町で生活したいとなるのではないでしょうか。 
 以上の理由により反対討論としました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 

Posted by たもがみ 節子 at 08時25分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2017年03月23日(木)

3月議会における私の一般質問 要旨 その2 [17年03月議会]

2、家庭ごみ排出量最少・県内1位をめざして
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「ごみの減量は家庭から」を合い言葉にした家庭ごみ排出量県内最少1位をめざした取り組みを進めることで、家庭やご近所のコミュニティを深めることが出来たら素晴しい取り組みと考えます。そこで伺います。
(1) 町の家庭ごみ排出の現状についてどのように考えていますか。
町長答弁
 町の家庭ごみ排出の現状については、平成27年度ベースで、資源物を除く1人1日当たりの排出量が629gであります。町の目標値は、平成38年度で1人1日当たり578gですので、まずはこの目標を達成できるよう、ごみの減量化に努めたいと考えています。

(2) 減量の取り組み等、積極的に行っている自治体と当町の取り組みの違いについて伺います。
町長答弁
 当町ではごみの発生を抑制するため、リサイクル活動団体への助成やフリーマーケットを実施するとともに、発生したごみについては、分別収集により再資源化に努めています。しかしながら、家庭ごみの排出量が多いのが現状でありますので、先ほど答弁申し上げた目標値を達成できるよう、新たな方策を検討し、積極的にごみの減量化に取り組みたいと考えています。

Posted by たもがみ 節子 at 07時14分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2017年03月22日(水)

3月議会に於ける私の一般質問 要旨 その1 [17年03月議会]

1、どの子にも行きとどいた教育を
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

文科省の7月の「次世代の学校指導強化のためのタスクフォース」の最終まとめでは、基礎定数、加配定数の性質を踏まえ、効果的な教職員の定数改善を行う必要があると明記しています。とりわけ学校における指導体制の充実という点で35人学級はよりきめ細やかな指導が可能になる有効な施策の一つと考えられ、義務標準法の計画的な定数改善をはかっていく必要があります。しかし財務省は少子化の進展によって、こんご10年間で教職員定数は約4万9400人の減になるという試算を財政制度等審議会財政制度分科会に提出しました。文部科学省はこれに対し「誤解や事実誤認」があると反論しましたが、教職員の定数の改善を求める背景に、少子化が進む一方で児童生徒への指導は近年困難化している状況があることを踏まえることが重要です。中央教育審議会でも「1、子どもの貧困と教育格差の拡大、2、障害の状態に応じた特別な指導を必要とする児童生徒の著しい増加、3、日本社会への適応に課題がある外国人児童生徒の増加、4、いじめ、不登校、暴力行為などの生徒指導上の課題の更なる深刻化など」を課題として列挙しており、教育現場での課題の多様さを考慮すれば、手厚い人の体制が必要なことは明白です。
 さらにOECDの国際調査等で示されているように、日本の教員は世界で最も長時間の勤務を行っておりも教員業務の質量双方の増加は、時間外勤務の増加と研修時間の減少を招いています。このことは、学校が教育改革に機動的に取り組むことを難しくしています。そこで、町長の所信表明で重点施策の一つである「教育」について進化・充実させるとありますので伺います。
(1) 子どもの貧困と教育の格差の拡大が当町の小中学校ではどのように表れているのか、対策及び就学援助の状況について伺います。
教育長答弁
 寄居町では貧困と教育の格差については特に調査を行っておりませんが、寄居町に於いても現代の社会の経済状況が反映されているものと思われます。学校におきましては、家庭の経済状況に影響されることなく、全ての子どもが夢を持ち、これからを力強く生きていけるような教育活動を遂行していくことが大切であります。このような考えから、公費による学習支援として小学校2、3年生対象の「よりE・放課後塾」、中学3年生対象の「よりE・土曜塾」を行い、児童・生徒の学力保障に努めています。
 また、就学援助の状況につきましては、就学援助費補助金の支給対象として280名の児童生徒を認定しており、全児童・生徒数の約12%となっております。

(2) 小中学校における障害児など特別な指導が必要な生徒の状況及び対策について伺います。また、中学校でも特別支援学級の希望があるか伺います。
教育長答弁
 当町における特別な指導を要する児童・生徒については、小学校の特別支援学級在籍の割合が全体の1.7%で25名、中学校の特別支援学級在籍の割合が全体の1.6%で14名となっております。また、巡回相談等で支援が必要と認められた、通常学級在籍の発達障害が疑われる児童・生徒は全体の6.3%で146名となっています。
 対策としての支援状況ですが、学習サポーターを配置して、個別対応や別室での対応など個々の児童・生徒に適した支援を行っております。さらに、年2回の巡回相談では、スクールカウンセラー等の専門家から教員に、障害のある児童・生徒への支援のあり方を指導・援助しています。また、中学校の特別支援学級においては、小学校よりも定数の多い教員配置によるきめ細かな指導が行われており、大半の家庭が小学校から引き継いでの支援を希望しております。

(3) 小中学校での外国人の児童・生徒の実態及びその対応について伺います。
教育長答弁
 現在、小・中学校には、12名の外国籍の児童・生徒がおりますが、日常会話に大きく不自由する児童・生徒はおりません。家庭との連絡では、文書等で伝わりにくい内容については、学級担任等が電話連絡をし、子どもの学校生活に影響が出にいよう努めております。

(4) 小中学校でのいじめ、不登校、暴力行為など生徒指導上の課題及び対策について伺います。
教育長答弁
 小・中学校の生徒指導上の課題については。不登校と暴力行為の件数が減っているものの、ゼロにできないことが課題です。
 いじめについては、教職員や子どもたちの感度が上がり、昨年度より約23%多く認知できました。解消率は現在98.8%で、100%の解消を達成することが課題です。対策としては、各校で毎月いじめのアンケートを行い、校内での生徒指導委員会等の会議で対策を講じております。不登校につきましては、さわやか相談員が相談業務や家庭訪問等を行って各校が個人に合った対応を行うとともに。適応指導教室である、かわせみ教室を活用し、不登校解消に努めております。

(5) 小中学校での教員業務の質量双方の増加が時間外勤務の増加と研修時間の減少は具体的にはどう表れているのか及び健康状態について伺います。また、部活動による土・日勤務時間及び産業医による「ストレスチェック」はなされているのか、病休の教員はいるか伺います。
教育長答弁
 各種調査で教員の長時間勤務について指摘されているところでありますが、ここ数年で大きく時間外勤務が増えたり、教員が主体的に研修したりする時間が減少したということはございません。
 教員の健康状態につきましては、健康診断や人間ドック受診などにより、概ね良好に保たれていると考えています。
 部活動による土日勤務については、大半の運動部が土曜日または日曜日、あもいは両日に活動しております。活動時間は通常、3時間から4時間程度となっております。
 ストレスチェックにつきましては、制度上義務付けられておりませんので、実施しておりませんが、教職員が元気で教育活動を行えるために、管理職には県が主催する「メンタルヘルス研修会」、教職員へは「こころの健康講座」への参加を指導しています。
 教職員が不調を感じた時に、本人や管理職が精神科医や保健師、臨床心理士など職場外の専門家による指導・助言を受ける方法等について周知しております。なお、病気休暇を取得している教員は現在おりません。

(6) 新たな学校運営「コミュニティスクール」(学校運営協議会制度)の課題について伺います。
教育長答弁
 学校運営協議会による学校運営を実施していく上で、学校と学校を支援する地域が制度の趣旨を理解することが大切です。そのためにも既に実施している自治体んどと連携して推進してまいりたいと考えております。

Posted by たもがみ 節子 at 09時13分   この記事のURL   コメント ( 0 )

2016年12月20日(火)

12月議会に於ける私の一般質問 要旨 その4 [16年12月議会]

 3、駅前駐輪場について
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 JR東日本・東武鉄道・秩父鉄道の3本の鉄道により、町内には8ヶ所の駅があります。玉淀駅では、駐輪場に止められない自転車が歩道にまで駐輪し、歩行者の妨げになっています。これまで何回か問題にしてきましたが、改善されていません。玉淀駅の駐輪場の改善について町の考えを伺います。
町長答弁
 玉淀駅の駐輪場につきましては、委託事業によ指導・整理や、放置自転車の撤去・処分を行うことで維持管理に努めております。
 歩道の駐輪につきましては、駐輪場空きスペースの誘導や看板の設置、指導・整理の強化等により、問題の解決に努めたいと考えています。

Posted by たもがみ 節子 at 04時33分   この記事のURL   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

たもがみ 節子

日本共産党 寄居町議会議員

たもがみ 節子

PHOTO

6月議会に於ける私の一般質問 要旨 その3

6月議会に於ける私の一般質問 要旨 その3

6月議会における私の一般質問 要旨 その2

6月議会における私の一般質問 要旨 その2

4月1日に 母を思う 

4月1日に 母を思う 

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 国会議員・国政候補者 ]

[ 党機関・議員(団) ]

[ 寄居町内のホームページ ]

RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


Copyright (C) 2006-2017 Tamogami Setsuko All rights reserved.